<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

わたしのふゆみずたんぼ

7月30日に知多郡武豊町南原のある 古川由紀夫さんのふゆみずたんぼを見学させていただきました。
同行したのは近藤様、山田様、天野様、石川(溢)様と私竹川の5人でした。
ビデオを見たい方はここをクリックしてください!
e0155943_9165540.jpg

[PR]
by ichiike | 2009-06-30 21:14

平成21年6月度臨時世話人会議事録

<日時> 平成21年6月22日(月)9:00~11:00 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席者> 山田代表、岡部、川上、小笠原、長谷川、藤倉、小久保、高橋弘
     加藤、田中鈴、安積(記)、竹川、石川い、田口 計14名

1 緑基金申請書提出の件(岡部)
急遽申請のことで書類提出の準備を行っていたが、一日違いで締切りとなった。残念ながら受理されず今回は申請を断念。山田代表了承。

2 青少年ボランティア受入の件(小笠原)
* 東郷社会福祉協議会から、中高生夏休み体験学習として協力要請があった本件は、検討の結果、概略次により受入可とすることで文書回答を行った。(6/15)
* 活動場所・活動内容:愛知池畔、昨年の植樹地。苗木の手入れ、盛土部の除草。
  作業方法は現地で指導。(本期間の当会作業計画は本作業に充当)
* 日程: 7/24~8/8間の金・土 計5日間、9:00~11:00 2時間。
* 受入人数: 各日10名程度。 *作業できる服装で。手作業主も若干用具を準備。
夏休み前に事務局から返事ある予定。集合場所はカーデン、自転車使用が多い見込み。

3 作業計画の件
(1)竹切り事業: 
3人1チームで竹伐採・切断・処理作業のテスト実施結果、1時間4本、2時間最大10本程の処理が可能と判明。状況により追加チームを編成投入する。夏期は蛇・蜂対策も必要。当面除草作業が優先するので10月以降で集中実施か?
加藤氏のアドバイスを受け、石川哲氏中心に実施計画を纏める。
(2)ロータリー桜並木除草: 今週から8人投入、2日要。草刈り機1機投入。
(3)花壇:C花壇に2日要。ドングリの苗木が切られた。注意を。

4 器具備品追加購入の件(川上、岡部)
* マキタ刈払機1台、チップソー、ヘルメット、防御メガネに加え刈込鋏等 計70000円相当で了承。さらに詰めて実施へ。刈払機は現保有分と合わせ4台で十分。個人保有分の使用は極力避ける。
* 物置の補充希望あるが安物は壊れやすくダメ。橋詰氏にリサイクル物で手配依頼も。
* 植樹苗木用の名札サンプル提示。総額70000円程度(@1200×60)予算で実施へ。
* デンソー桜並木枯れた苗木2本補充は、皆川氏の意向を聞き予算対処。

5 その他
(1)小冊子増刷版完成(安積) : 300部印刷、予算 60000円(モリコロ基金)。
カーデン、水資源機構などに追加提供予定。必要に応じPR用に継続使用する。
(2)PR用絵葉書作成企画(竹川):愛知池の草花をデザイン化。5枚セットもの。対象植物は順次追加。水資源掲示板PR、地域販売も。具体案を企画書に纏め次回提示。
(3)ビオトープ計画(石川い):稲刈り、脱穀は地域の人にやって貰い、我々が手伝うつもり。稲が白く変色してきて困った。一部除去。前川ゴミ拾い作業は雨で中止、秋口まで延期。町側のヤル気あまり見られず残念。(山田)
(4)愛知用水50周年記念事業(山田): 水資源側の意向はまだ把握できていない。本日訪問時に打診したい。駐車場トイレ悪臭対策にバイオで有効策あり提案中。
“水の恵み”をテーマとし、水源地から下流域まで広くカバーした写真取材を実施、写真展・出版等企画の具体化は如何。(安積)我々の活動風景中心のPR写真展も。
(5)池周回定期パトロール・・水資源と協議、近日合同で実施する。

<次回> 7月度世話人会  
     7月13日(月)9:00~ ダフネ喫茶店 予定
以上
  
[PR]
by ichiike | 2009-06-24 21:09

あいち池友の会の自然農園だより

 写真手前から竹川、山田さん、井上さん、石川(溢)さんが写っています。
 
e0155943_7303224.jpg

[PR]
by ichiike | 2009-06-23 07:30

竹の伐採作業報告

e0155943_7105135.jpgデンソー下の竹の伐採作業を行いました。大変きれいになりましたので写真を添付します。
 尚、今週は C花壇のローゼル及び、ひまわりの苗の植え付けと、草が伸び放題なので 19日と20日の作業は

① 周辺湖面側の草刈に3名と片付けに2名
② C2の草取りとひまわり苗の植え付け
③ C4の草取りとローゼル苗植え付け

  を行いますので、よろしくお願いします。
[PR]
by ichiike | 2009-06-18 07:11

渉外近況報告6/15

皆さん
 先日(12日)、東郷町・豊明市を訪れました。
 東郷では磯村経済建設部長と打ち合わせた。先ず「前川清掃」については
商工会の都合で、秋に延期になったとの事。
 「友の会」の進行状況にも触れ、新たな取り組みとなった「市民農園/田圃」
について順調に推移しており、地主や(農業)協力者とはうまく運んでおり、契約
等もしたと報告した。いずれ担当課がのぞくだろうとの事。
 ついては、今後モリコロ基金の行政との協働化を推進すべく、当局による第2、
第3の候補地情報を寄せてもらえるよう要請した。
 都市計画課では課長以下会議中だったので、生活部くらし協働課に寄り、か
ねて提案中の「まちずくり講座」に関して、職員及び市民向け講座開催について
言及したが、担当課長・補佐不在で、伝言を依頼した。町長(席)不在。

 さらに偶々豊明市を訪れ、先日会った三治経済建設部長を訪ねた。友好団
体・NPO法人環境研究所豊明の直轄「二村山環境保全推進委員会」の総会
出席の折、市側として出席されていたものだった。ついで市民協働課(松本主査)
や生涯学習課(塚本主査)にも寄った。
 そして目当ての相羽市長に面会し、じっくり話し込んだ。先日あるイベント(講演)
で、顔合わせてしていたが、市長がそこにいるのが不思議に思えた事があった。
                                 井上敏之
[PR]
by ichiike | 2009-06-16 18:50

平成21年6月度世話人会議事録


<日時>平成21年6月8日(月)10:00~12:00 <場所>ダフネ喫茶店2F
<出席者>山田代表、石川哲、小笠原、岡部、川上、長谷川、高橋弘、藤倉
     加藤、田中鈴、安積(記)、石川あり、 計12名

1竹切り事業の進め方(石川哲)・・資料配布
* モリコロ基金事業の柱としてテスト着手中。竹伐採作業の具体的手順・手法・諸注意事項等につき詳細説明あり。3人1組でのチーム作業が有効。
* 基金対象期間が本年4月~1年間とされているので、成果を考え優先的実施が必要。
* 竹の子刈りが先決では?(小笠原)全滅させるには8月末頃着手がベスト。(加藤)
  早期進行、労力軽減策として間伐方式の事例あり、写真紹介(川上)
* デンソー前伐採現場の後片付けが必要。全員で今週実施。次いで石川哲氏中心に3人の専任チームを編成、1日2時間でやれる作業量を把握する。着手対象地は観音様付近の谷から。付近のマップ作製・作業計画策定後、改めて具体的な協議を行う。

2 ビオトープ計画、前川浄化計画状況(山田、石川い)
  * 田植えが済み、水路にタニシやメダカが入り、稲は順調に生育中。殺虫剤や化学肥料を使わず有機肥料のみ使用の栽培。成功すれば米の付加価値上がることを示したい。1人でやれる範囲でやっている。概算予算 約6万円。(石川い)
  * これは試験的なもの。前川流域に休耕田あり、いずれ本格拡大して行きたい。前川を浄化するためのテストケース。東郷町広報6月号“議会便り”に関連記事。
  * 東郷町にビオトープ構想があり、我々がこれに協力する形が基本スタイルの筈。先日の前川ゴミ拾いは雨天中止になったが、これが行われても今後の動向は不透明な状態。東郷町側に意向を打診するが、町にヤル気がないなら我々の撤退もありうる。前川ゴミ拾いイベントでお茶代まで会に要請してくるとは・・。(山田)
    世の中、行政(公団)対住民・NPOの立場は大きく変わってきている筈。

3 ロータリー桜並木管理(安積)
 * 昨年6月末に覚書締結、管理状況の報告書を事務局宛提出している。本年も報告書を作成・提出の必要がある。主な管理業務は除草。近日草刈り作業を実施、写真を添付したい。1年前再生手術を行った結果についても点検、記述する。
 * 立枯れ対策には排水溝掘削も考えられる。ユンボ賃借にモリコロ基金活用も検討。

4 作業計画と新規植生
 * 状況変化が多いので、2週間毎に作業計画を見直す。水資源に提出分はそのまま。
 * HP見た一般者から、ゴールドクレスト、クチナシなどの苗木寄付の申し入れあり。
   クチナシは虫発生が難。現場に来てもらい説明。会員勧誘や手入れに協力要請も。

5 その他
(1)青少年ボランティア体験学習(山田)
* 東郷町社会福祉協議会から文書要請受け。東郷町在住・在学の中・高校生対象。7/21~8/31間、ボランティア体験学習となるもの。愛知池周辺でできること。
* 対象作業を検討結果、昨・本年の植樹地における苗木全般の雑草除去・整備の手作業が適当と決定。具体的内容を所定用紙に記入、6/15迄に提出する。具体的指導方法、日程調整などは小笠原、加藤氏に依頼。
(2)国土緑化推進機構助成金申請(山田)
* 本年度の申請締切りが6/15迄迫っている。3年間受給続いたので、4年目は難かしいかも・・。竹切りも立派な事業。実績作りの意味で継続して申請すべき。
* 水資源機構事務所脇の丘陵空き地を使い、花咲く樹などの植樹計画では如何?
 水資源からは特段の意見ない。早急に具体案を纏め書類作成する。岡部氏に依頼。
(3)備品予算具体化他(川上)
* マキタ刈払い機が格安調達可。@3.0~3.5万円。チップソー230mmもの。ヘルメット、防御メガネ、ベンチ防錆剤在庫、竹鋸などで検討。総額約12万円。最終具体案を纏め、次回決定。
* デンソー寄付の電動ノコ1台が入荷済。危険なので技能習得者以外は使用禁止。
(4)小冊子増刷(安積)
    * 表紙デザインのみ修正、回覧。300部、6万円の予算で追加制作・発注する。


<次回> 6月度臨時世話人会
  6月22日(月)9:00~11:00(時間変更) ダフネ喫茶店2F
以上
[PR]
by ichiike | 2009-06-09 17:48

渉外から近況報告

皆さん
 本日山田代表と県庁他へ行きました。
 先ず自治体を統括する地域振興部へ行き、片桐部長に挨拶し、
「冬水たんぼ」の経過と取材について案内した。地域振興課へ回り、
近藤補佐に挨拶し、東郷町担当の伊藤主事に会った。
 次に農林水産部森林保全課「森と緑つ”くり推進室」を訪ね、平山
主任主査に面会し、助成金について尋ねたが、どうやら市民グループ
は環境部の助成金と重なるとの事で、そこで打ち切り環境部へ回った。
以前会った環境政策課の内木主幹を訪ね、今回は見送ったが、次
年度挑戦する為の方法について、同じグループの横井主査を交えて、
一緒に相談に応じてくれたが、明確な答えは得られなかった。
 産業労働部に懇意の金田補佐を訪ねたが、留守だった。

 東大手庁舎へ回り、「COP10」の浅井事務局次長を訪ねたが、
県庁の方へ回っているとの事で、河田グループ長に会った。

 さらに東海農政局の農村振興課に回り、山田さんグループの地域
の「市民農園」の手法について、いろいろ確認していた。
                  *
 午後からは「市民フォーラム21・NPOセンター」が主催する「会議」
に出席した。同後房雄代表・藤岡事務局長・松本同次長・井口同
局員等に挨拶した。                   
                           井上敏之

> 皆さん
>  これはボランタリーネイバース情報の転送です。
>  この情報は我々が東郷町と対面する課題に際し、多いに関係し、
> 参考になるかと思いますので是非見ておいてください。
>  友の会のモリコロ基金は行政との協働化(事業)ということで決
> 定された(東郷町幹部職員の審査会出席)という経緯があり,今後
> の対応には留意せざるを得ません。
>                       井上
>
>> 各位
>>
>> NPOと行政の協働について研究を進める行政職員の方のネットワーク
>> (「協働を進めるための行政職員の意識改革研究会」)からの情報です。
>> 研究発表(行政職員の八つの姿勢)が掲載されています。
>> ご紹介まで。
>> http://www.mienpo.net/jichitainet/npo/page1.htm
>>
>> ボランタリーネイバーズ 大西光夫
[PR]
by ichiike | 2009-06-04 09:19