<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

浜島辰雄さん死去

 愛知用水建設運動の先頭に立ち、愛知用水の「生みの親」として知られる浜島辰雄(はまじま・たつお)さんが15日、尿路感染症で死去した。97歳。通夜は17日午後7時、葬儀は18日午前11時から愛知県豊明市西川町島原7の8の葬儀会館ティア豊明で。喪主は三男十志雄(としお)さん。

 浜島さんは1916(大正5)年生まれ。戦争中、愛知県で日照りの時、田んぼにやかんで水をかける農家のお年寄りをみて、木曽川の水を知多半島に引く愛知用水構想を発案。戦後、安城農林高校教諭時代に自分で設計図を書き、故久野庄太郎さんと農民運動を展開した。

 当初想定した建設費50億円は愛知県の一般会計予算に匹敵し、難航したが、48年12月、久野さんらと首相官邸を訪ね、吉田茂首相に面会。食糧増産や失業対策の意義を説き、翌年、政府の調査費がつくきっかけとなった。
e0155943_21392979.jpg

[PR]
by ichiike | 2013-10-16 21:40

エコ万博in東郷―2013


本日29日に東郷町のこどもエコ万博が開催されました。
秋晴れの下、多くの子供たちや親子連れが参加、
朝10時から始まり午後2時半までのイベントでした。

愛知池友の会としてはエコチームの石けんグループが
昨年同様無料石けん配布と他少し工夫を凝らして出店しました。

おかげさまで200人以上が来店、大賑わいで無料の液状石鹸配布では
列に人が滞ることなく並んでいました。

石けんつくりに参加した親子連れも多く、
芝生にシートを敷いてムクロジの泡立てとそのパフェつくりに
多くの子供たち、大人も楽しんでいました。

ユニークなムクロジ(石けんの木ともいわれていてサポニンを含む)の遊び
ポップつくり、石鹸のラッピングなど会員、スタッフの色々な案を取り入れての
参加が地味な石けんに賑やかな店つくりと多くの来店に結びつきました。

昨年のリピーターも数人が来店、とても嬉しいことでした。
地道ですがこのような活動をできるだけ持続することが
この地域の方たちにとってのエコ石けんの普及に?がることだと感じました。

スタッフとして会員9人とボランティアスタッフとして1人が参加されました。
事前の周到な準備から今朝早くからの店つくりと本番、後始末まで
大変お疲れ様でした。
[PR]
by ichiike | 2013-10-02 16:20